風刺漫画 時事怪獣図鑑(バックアップ) スポーツ

バトンパス 〜繋いで活路 合体韋駄天怪獣。

バトンパス合体の時代背景
世界陸上、男子400メートルリレーで日本チーム(多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司)が3位に。
予選では6位通過だったものの4走のケンブリッジ飛鳥を藤光に入れ替えた事が功を奏し
今大会で現役を引退するウサイン・ボルトが足を痛め途中棄権する運もあって
3位に滑り込んだ。9秒台の選手が一人もいない中
磨き上げたバトンパスでリオ五輪に続いての同種目メダル獲得となった。
多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司、ケンブリッジ飛鳥、サニブラウン・ハキーム、ウサイン・ボルト
野生を色濃く残すアスリート原野「トラック」
俊足の巨人が跋扈し、その殆どを制圧
小柄な亜種はその餌食となっていた。
やがて集団で戦うことで生き残り始めた一種が
マジックバトンを手に入れ、磨き上げることで
合体する能力を得てリレー怪獣へと変身した。
当初は不安定で手足の損傷で忽ち戦力を失っていたが
すぐ生え変わる補完機能を有するまで進化。
隙あれば巨人を倒すまで成長した。
その独特のサバイバル法で存在感を高めている。


    バトンパスは妄想による架空の怪獣であり
    実在する個人、団体とは関係がありません。
スポンサーサイト

インディカッタ 〜レースに勝って将棋に負けた?インディ500爆走怪獣。

インディカッタ軽視の時代背景
北米最高峰のカーレース、インディ500で佐藤琢磨が優勝。
歴史的快挙にモーターファンは湧いたが、世界卓球の日本選手快進撃の陰に隠れ
メディアの扱いは小さかった。その後も連勝記録更新を続ける中学生棋士
藤井聡太四段への熱狂と比較すると「偉業」の扱いの温度差が際立った。
佐藤琢磨 インディ500 藤井聡太 風刺漫画
インディアナポリスに出現した日本産の爆走怪獣。
歴史的大発見の怪獣は日本列島を駆け抜けたが
猛スピードのためか見慣れぬ人には見えなかった。
やっと姿を見せた道頓堀川での展示は
当初こそ注目されたが時を同じくして出現した
将棋小僧に一気に関心を奪われ
気付かれぬまま静かにしぼんでいった。


     インディカッタは妄想による架空の怪獣であり
     実在する個人、団体とは関係がありません。

ハネカエル 〜殲滅‼︎中華卓球隊 急成長 飛び跳ね怪獣。

ハネカエル飛躍の時代背景
卓球のアジア選手権女子シングルスで17歳になったばかりの平野美宇が優勝。
準々決勝で世界1位の丁寧を破った勢いそのままに準決勝で世界2位の朱雨玲
決勝では同5位の陳夢の中国選手をいずれもストレートで下し
日本勢20余年ぶりのアジア女王に輝いた。
平野美宇 丁寧 朱雨玲 陳夢 卓球 風刺漫画
圧倒的な戦力で栄華を誇った王国に突如出現し
精鋭部隊を殲滅させた卓球怪獣。
飛び跳ね回る姿は一見無邪気で愛くるしさすらあるが
ビッグマウスで相手を威嚇するなど
性格は極めて攻撃的。
まだ成長過程で現状は第二形態と見られており
背面外皮に羽状の隆起があることから
もっと高度の飛翔力を持つ可能性も予見されている。
今の内に叩きたい王国は部隊の再編と
怪獣の弱点探しに躍起で、近々予想される
再度の衝突は激しい戦いとなる模様。


    ハネカエルは妄想による架空の怪獣であり
    実在する個人、団体とは関係がありません。

アマメデ 〜めでたさも甘めなり?熱狂新雲竜奉納。

アマメデ昇進の時代背景
大相撲初場所で稀勢の里が初優勝を果たし
19年ぶりに角界待望の日本出身の横綱が誕生した。
昇進の目安とされた2場所連続優勝相当には物足りない星勘定も
不戦勝で拍手が起きるほどの観客の期待に後押しされたのか横審は
昨年の年間最多勝を横綱相応の論拠として持出しあっさりと昇進を決定した。
稀勢の里 風刺漫画
イバラアンコウが長年かけて巨大化した怪獣。
古来より人々は大型の生物に畏敬の念を持ち
神の化身として神社へ奉納してきた。
表皮に黒斑があり成長とともに白色化していくが
黒斑には甘みがあって外敵に狙われるため
大きく成長するのは難しく環境の変化も手伝い
近年国内での発見は途絶えていた。
それだけに久々の近海での出現は熱狂を呼び
氏子の代表、引目衆はこの機を逃すまいと
慌てて引き上げ新雲竜として奉納した。
しかしよく見るとまだ黒斑が残っており
厳つい容貌で正面から来る大物には強いものの
目の届かぬ小物には脇が甘く
慣れない環境に適応できるか不安が残る。



   アマメデは妄想による架空の雲竜であり
   実在する個人、団体とは関係がありません。

マンガイジョー 〜神ってる・・・ってか神 漫画を超える野球神権現。

マンガイジョー戴冠の時代背景
日本ハムの日本シリーズ優勝で幕を閉じた2016年のプロ野球は
大谷翔平選手が投手として10勝、打者として22本のホームランを打ち
史上初めて投手、野手両部門でベストナインを獲得した。
当初栗山監督の二刀流での起用を疑問視する向きもあったが結果を残し
批判を封じるとともに大谷選手の規格外の才能を可視化させた。
 大谷翔平 shohei.otani 栗山秀樹 風刺漫画
投、打、走の三つの面とそれに応じた
六本の腕を持つ野球界伝説の闘神。
伝記物に描かれてはいるが
架空の想像物と思われていた。
その出現には夢見る力が必要と言われ
北方のおおらかな風土とキラキラ星人の夢見力が
怪物を守り育て奇跡の実現に成功した。


  マンガイジョーは妄想による架空の闘神であり
  実在する個人、団体とは関係がありません。

オンガエース 〜恩返し成る 出戻り鯉怪獣。

オンガエース男泣きの時代背景
プロ野球セ・リーグは最も優勝から遠ざかっていた広島が25年ぶりのリーグ優勝。
近年カープ女子やカープ芸人などメディアでの注目度は高まっていたものの
黒田がヤンキースから復帰し新井も阪神から戻って期待された昨シーズンは結果を出せず
前田が去った今シーズンも不安視されていたがグラウンドでもついに結果を出した。
 黒田博樹 新井貴浩 広島カープ優勝 風刺漫画
セ界の離島に出戻った鯉怪獣。
島は育成環境に優れながらも名前とは裏腹に狭く
巨大化すると餌を求めて島を出るのが習性だった。
しかし近年開発が進んだ島は女性観光客も増え
活況を呈し豊かになったことで2匹が戻った。
若手との共存が懸念されたが適応
「オトコギ」と「イジラレ」はそれぞれ特性を生かし
むしろ若手の成長を促す結果となった。


     オンガエースは妄想による架空の怪獣であり
     実在する個人、団体とは関係がありません。

ダンシモ 〜男子もメダル 残念じゃない五輪卓球怪獣。

ダンシモ躍進の時代背景
リオ五輪男子卓球で水谷隼選手が個人で史上初のメダルを獲得。
決勝に進出した団体でも許昕選手を下し中国選手に大会唯一の黒星をつけて
メダル以上のインパクトを残した。顔が似ている波田陽区が早々と便乗するなど
人気、実力とも女子の後塵を拝してきた男子もやっとメディアの注目を浴びた。
水谷隼 波田陽区 福原愛 石川佳純 伊藤美誠 風刺漫画
日本卓球界が長年の努力の末生み出した
悲願の雄型メダル怪獣。
メダルのパワーは想定以上で無敵と思われた
中華怪獣一体を撃破し世界を驚かせた。
雌型ばかりに注目が集まる状況にも
変化の兆しが見え始めているが
メダルのパワーは消耗が早く顔面の形状に
短命の特徴が見られるのも今後気になるところだ。


     ダンシモは妄想による架空の怪獣であり
     実在する個人、団体とは関係がありません。

サンゼンアンダー 〜記録達成で出番減少?もっと出たい安打製造怪獣。

サンゼンアンダー達成の時代背景
米大リーグ、マーリンズのイチローは8月7日のロッキーズ戦で三塁打を放ち
メジャー史上30人目となる3000本安打を達成した。
27歳という遅いデビューながら16シーズン目での達成はピート・ローズと並ぶ最速タイ。
イチロー ichiro
メジャーと呼ばれるアメリカの怪物パークに
輸出された日本産殿堂バッタ怪獣。
小ぶりなため生き残れないとの予想を翻し
強力な脚力による俊敏さを武器に天然芝に適応
最年長となるまで生き残った。
一見機械的にも見えるルーティン構造が
無駄のない合理的な活動力を生み出す
唯一無二の珍種でありスピードは今なお衰えていない。
ただ近年は檻に閉じ込められがちで
今は千打ごとに生えかわるという特徴的な
角見たさで集客効果を発揮しているものの
祝賀ムードが収まると披露の機会は減るかもしれない。


      サンゼンアンダーは妄想による架空の怪獣であり
      実在する個人、団体とは関係がありません。

モテルケドン 〜跳ね返された高い壁 龍神バレー怪獣声援及ばず。

モテルケドン敗退の時代背景
男子バレー全日本~龍神NIPPON は世界最終予選でアジア相手に1勝もできず
2大会連続で五輪出場を逸した。清水邦広主将と結婚した歌手の中島美嘉が応援に駆けつけ
ニュースター石川祐希、柳田将洋選手目当ての観客の大声援で会場は盛り上がったが
体格パワー差は埋められなかった。東京五輪に向けての大きな課題が改めて浮き彫りとなった。
石川祐希、柳田将洋、清水邦広、深津英臣、中島美嘉 男子バレー日本
谷間の桃源郷、龍神バレーに生息するモテ怪獣。
険しく高い壁に囲まれた狭い生息地で
広い外の世界に憧れながらも
そこそこ豊かな環境に安住しているせいか
這い上がろうとする気概に欠ける。
谷も狭いため大型化しにくく
壁を登れる体力を伴った個体も少ない。
僅かな可能性は集団で支えあいながら
よじ登ることだが連携は難しく
立ち塞がる巨大怪獣
ブロッカーに叩き落とされ続けている。


    モテルケドンは妄想による架空の怪獣であり
    実在する個人、団体とは関係がありません。

リオニガス 〜遊びすぎたバド怪獣の墓穴

リオニガス除外の時代背景
リオ五輪でメダルが期待されていたバドミントンの桃田賢斗選手と
ロンドン五輪の代表だった田児賢一選手の違法カジノ店でのバカラ賭博が発覚。
日本バドミントン協会は常習で仲間を誘った田児選手を無期限登録抹消
桃田選手も無期限の大会出場停止処分としリオ五輪出場への道は絶たれた。
桃田賢斗 田児賢一 銭谷欽治 風刺漫画
リオの金鉱発掘用に育てられたが
有り余るパワーを制御できず
投入前に自爆したヤンチャ怪獣。
コート内での金掘りでは飽き足らず
外に大穴を掘って自らアンダーグランドに落ちた。
羽を伸ばして広げるとタゴ・パターンと呼ばれる
派手な柄が目を引き敵を引きつけ易くなるが
外界を知らず育てられたため
危機察知能力が身に付いていなかった。


 リオニガスは妄想による架空の怪獣であり
 実在する個人、団体とは関係がありません。

ヤッパリカ(ヤクザイル) 〜覚醒した薬剤怪獣

ヤッパリカ覚醒の時代背景
2月2日元プロ野球のスター選手でタレントの清原和博容疑者が 
覚醒剤所持で警視庁に現行犯逮捕された。
 かねてより週刊誌に薬物使用疑惑が報じられており
以前から容疑者を追って取材していたテレビ局はVTRを解禁。
しかし一方でバラエティ番組には逮捕直前まで出演させており
別部署とはいえ、手のひら返しに違和感が残った。
清原和博 風刺漫画
人の体内に寄生して怪獣化させる悪魔ワーム
「ヤクザイル」によって覚醒した薬剤怪獣。
怪獣化によって行動量を増大させ
繁殖のテリトリーを拡大していく。
ただワームが体内で大きくなり過ぎると
十分な養分を確保できず
エサを求めて体外へ飛び出してくる。
ザイルというロープ状の触手が飛び交う状態
「ヤッパリカ」に変身すると
悪魔的な容姿で目を引き、防御力も
疎かになって捕獲されることが多い。



      ヤッパリカは妄想による架空の怪獣であり
      実在する個人、団体とは関係がありません。

スゲーテン 〜 異次元の高得点フィギュア神獣

スゲーテン更新の時代背景
フィギュアスケートGPシリーズ最終戦 NHK杯で羽生結弦が
陰陽師をテーマにした高難度のプログラムをほぼノーミスで滑りきり
世界歴代最高得点を大幅に更新する322.40という驚異的な得点で優勝を飾った。
羽生結弦 織田信成 風刺漫画
陰陽師が人心を掌握するため呪文「やってやる」で
神の領域から召喚した異次元の神獣。
飛行族のパワーを取り込み上昇力を生み出す。
柔和で繊細な外形だが闘争心は強く
傷を負うほど立ち向かって来る。
そのギャップが神と崇める信者を魅了し
出現スポットに貢ぎ物を持参して
多勢駆けつける騒ぎとなっている。



    スゲーテンは妄想による架空の怪獣であり
    実在する個人、団体とは関係がありません。

バカラー 〜賭博で大損 棒振り巨人怪獣

バカラー解雇の時代背景
プロ野球や高校野球の野球賭博をはじめ
闇カジノでのバカラ賭博などに関わっていたとして
コミッショナーから「無期の失格処分」裁定を受けた
福田聡志、笠原将生、松本竜也の三投手について 
巨人軍は11月10日契約を解除したことを発表した。
福田聡志 笠原将生 松本竜也 原辰徳 高橋由伸 風刺漫画
勝負事を好み戦闘地下にはびこる賭博怪獣。
実際に姿を見せるのは珍しく
名門球団の本拠地に出現したことで
大きな衝撃を与えた。数字に反応し
チップと呼ばれる円板を吐いて攻撃を仕掛ける
地上での生存は難しく外気に晒された瞬間
断末魔の苦しみに棒立ちの体を振り回し
首が吹き飛ぶので「ぼうふり」とも呼ばれる。
球団は必死で封じ込めたが
地盤が生育に適しているとの見方もあり
再出現の阻止には土壌の浄化が不可避。


   バカラーは妄想による架空の怪獣であり
   実在する個人、団体とは関係がありません。

バンクルワス 〜世界が驚いた‼︎大金星ラガー怪獣

バンクルワス逆転の時代背景
ラグビーW杯イングランド大会で第1回からの連続出場ながら
過去1勝しかあげてない日本代表は初戦で優勝候補の南アフリカと対戦。
大方の予想に反して、終了間際の逆転トライで34-32で勝利し
地元 英メディアが「史上最大の番狂わせ」と報じるなど世界を驚かせた。
24得点を記録した五郎丸歩選手はキック時の祈るようなルーティンのポーズで
注目を浴び大会前は関心の低かった日本でも一躍 時の人となった。
リーチマイケル 五郎丸歩 エディ.ジョーンズ ラグビー日本代表
草原に君臨するモンスター
大スプリングボックを倒した奇跡の弱小怪獣。
パワーでは劣るものの低い姿勢からの
タックルで動きを止め後尾に付いた
丸型の副頭から放つルーチン砲で止めを刺す。
その動きははユニークだが今回の戦いで
多くの電波を引きつける力があることが判明。
今後、能力向上の動力源となる可能性がある。



      バンクルワスは妄想による架空の怪獣であり
      実在する個人、団体とは関係がありません。

ラガージャモウカラン 〜聖地熱狂 100年目の申し子怪獣

ラガージャモウカラン狂騒の時代背景
高校野球100年を記念し王貞治氏の始球式で幕を開けた第97回全国高校野球選手権大会は
ラグビー元日本代表であり現在ヤマハの監督を務める清宮克幸氏の長男で
一年生ながら早実の主砲に座る清宮幸太郎選手 が大きな話題に。
怪物を一目見ようと甲子園は早朝から連日満員となった。
清宮幸太郎の風刺漫画
資源に恵まれないラガー星から連れ出され
環境の豊かな野球場に托卵された神童怪獣。
伝説の巨人である始球神に導かれ聖地で孵化。
いきなり成熟した姿を現し神格化された。
どれほど巨大化するかの期待の一方で
早熟性による伸びしろを心配する向きもあるが
それも含めて今後の成長から目が離せない怪獣。


        ラガージャモウカランは妄想による架空の怪獣であり
        実在する個人、団体とは関係がありません。

コッパミ人  〜全米も驚いた‼ 頂上決戦16分間の悲劇

コッパミ人大敗の時代背景
サッカー女子W杯に前回王者として臨んだ なでしこJAPAN
高くなかった下馬評を覆し、すべて1点差で競り勝つ粘り強さで
二大会連続の決勝進出を果たした。
しかし決勝では雪辱を期す米国に立ち上がり16分間で4点を奪われ大敗。
健闘の一方、若手が台頭せず、のびしろを期待できないチームの現状と課題が
浮き彫りとなった。
なでしこジャパン 風刺漫画
小さな体ながら集団で戦い過酷な環境を生き抜いて
山頂の塔に辿り着いた小人族。
小さな羽を持つが高くは飛べず
羽音でBOOMを生み出し餌を引き寄せて来た。
やっと得た棲み家で定住文を生み出そうと
戦い続けたが目立つ塔は外敵に狙われ易く
襲いかかった巨大な天敵ロイドンに
一瞬で吹き飛ばされた。


         コッパミ人は妄想による架空の怪獣であり
         実在する個人、団体とは関係がありません。

テントレン  〜空砲で響くブーイング ドロー怪獣まさかの出現

テントレン無得点の時代背景
男子サッカー ロシアW杯予選の初戦となった6月16日のシンガポール戦
格下相手とあって内容では一方的に押しまくったが、課題の決定力不足は
ハリルホジッチ監督になっても改善されず、20本以上のシュートを浴びせながら
得点は奪えずスコアレスドローに終わった。
ハリルホジッチ サッカー男子日本代表
サッカーW杯の予選会場に突如出現し
試合を台無しにした0点(タコ)怪獣。
縦への素早い動きが特徴と言われるが
単調なので引いて守れば簡単に防御できる。
攻撃出来る触手は数はあるものの
空砲を吐くだけで破壊力はなく
見かけほど柔軟じゃない体なのに
吸盤の吸着力は高いため
こんがらがると身動き出来なくなる。



       テントレンは妄想による架空の怪獣であり
       実在する個人、団体とは関係がありません。



チョンギーレ  スペインから来た八百長疑惑怪獣

チョンギーレ告発の時代背景
日本サッカー協会の大仁会長は八百長疑惑で告発が受理された
アギーレ日本代表監督の契約解除を発表した。
任命責任については関係各位に迷惑をかけたとのコメントに留まり
会長はじめ原専務理事、霜田技術委員長の人事担当責任者3人の続投が決定
給料の一部を返納することで責任問題の幕引きをはかった。
アギーレ監督 大仁会長 原専務理事 霜田技術委員長の画像
ブラジルでの興行に失敗した
スペインかぶれのプロモーターが
得意の闘牛で名誉挽回をはかろうとしたが
慌てて招聘したため牛の中に紛れ込んだ怪獣。
見た目ほど凶暴ではなく
客受けも悪くはなかったが
清潔好きで免疫力のない国民の感染症を恐れ
スポンサーの意向を汲み取って
あっさりと処分された。
プロモーターはまたしても興行に失敗したが
怪獣相手では不可抗力でやむなしと
その手腕への疑念をうやむやにすることには成功した。



  チョンギーレは妄想による架空の怪獣であり
  実在する個人、団体とは関係がありません。



にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

憤怒神  敵は審判だけ? 無敵横綱怪獣

憤怒神批判の時代背景
大相撲初場所は横綱白鵬が歴代最多となる33回目の優勝を全勝で飾った。
しかし優勝決定の稀勢の里との一番が取り直しとなったことを
「子供が見てもわかる」と審判の誤審を主張したことで祝賀ムードは一変
謝罪によって騒動は落着したが、記録の更新につれて
横綱としての品格を疑問視する報道が増えており
会見で「肌の色は関係ない」と人種差別にまで言い及んだ
白鵬のわだかまりは依然残ったままである。
白鵬 稀勢の里 風刺漫画
国技界に巣食う寄生物ヒイキ目と戦うため
孤高の横綱が突然変身した武神。
ただヒイキ目は姿が見えにくく
その増殖は外来の横綱があまりに強過ぎ
固有種が駆逐された結果と見る向きもあり
保守的な土地柄では
武神の変身と戦いは調和を乱す
過剰な闘争心による一人相撲だとして
必ずしもヒーロー視されてはいない。



  憤怒神は妄想による架空の武神であり
  実在する個人、団体とは関係がありません。


にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

チャンプラス  エア経?覚醒テニス怪獣 恵みの旋風

チャンプラス脱皮の時代背景
テニスの四大大会の一つ全米オープンで錦織圭がアジア人初の決勝進出。
快挙の要因として同じアジア系で同体格ながら全仏オープン制覇の経験を持つ
マイケル・チャン コーチの指導にも注目が集まった。
錦織圭、松岡修造 マイケル.チャン 風刺漫画
巨人しか登れないと言われる絶景地グランドスラム
比類なき跳躍力を持つ小柄な青年が頂を夢見て
四大峰に挑むも道険しく跳ね返され続けた。
限界を悟った青年は伝説の老師に師事
厳しい訓練による心身の改造で脱皮し
粘りを帯びた怪獣となって岩壁を這い上がった。
慣れない高地で頂上寸前で酸欠となったが
巻き起こした旋風は裾野に多くの恵みをもたらした。
人によってその顔は¥に、手は円に見えたと言う。



   チャンプラスは妄想による架空の怪獣であり
   実在する個人、団体とは関係がありません。

にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブレダマ  揺れてルートを見失ったナビ怪獣

ブレダマ動揺の時代背景
海外組が半数を超え「史上最強」と躍進を期待されていたサッカーW杯日本代表ザックJAPAN
予選突破の鍵を握ると目されたコートジボアールとの初戦では本田圭佑のゴールで先制するも
後半ドログバが登場すると2分間で2ゴールを奪われ逆転負けを喫した。
動きの上がらない選手にザッケローニ監督の采配も混乱
勝たねばならなくなった残り二戦も単調な攻撃に終始、試合運びの未熟さを露呈して
結局一勝もできずに予選リーグ敗退となった。
ザッケローニ サッカー日本代表の風刺漫画
幻の自分達のサッカーを求めて
南米にやってきた自分探しサッカー部隊
通称「ヤタラホンダス」が秘境パスマニアへの
案内役として活用したナビゲーター怪獣。
真面目で温和だが南米の自然に不慣れ
蒸し暑い気候と背負いこんだ重すぎる荷物で
動きの悪い隊員にルート変更を余儀なくされ
立ち塞がる伝説の巨人が出現すると混乱
迷走する怪獣にルートを見失ったヤタラホンダスは
野生の猛獣に襲いかかられ連携を失って命からがら
瀕死の状態で帰国することになった。



   ブレダマは妄想による架空の怪獣であり
   実在する個人団体とは関係がありません。


にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

レジェンドン  不老伝説 大ジャンプ怪獣

レジェンドン飛躍の時代背景
41歳の現在も活躍し続け「レジェンド」と呼ばれるジャンプの葛西紀明
冬期五輪歴代最多7度目の出場を主将として果たしたソチ五輪で
個人ラージヒルで銀メダル、団体で銅メダルを獲得し
98年長野五輪以来、日本ジャンプ陣復活の牽引力となった。
葛西紀明の風刺漫画
雪国に太古より生き続ける伝説の長寿怪獣。
体幹の強く大きい鼻っ柱が支える強靭な筋力と
経年によって顔面に深く刻まれた
シワを伸ばすことで浮力を生み
生存に不可欠な長距離飛行能力を確保
エネルギー源である金鉱脈を求めて飛び回っている。


  レジェンドンは妄想による架空の怪獣であり
  実在する個人、団体とは関係がありません。


にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ユメミラノス  救世主か見せ物か?夢実現ビッグマウス怪獣の正念場

ユメミラノス具現の時代背景
ビッグクラブでのプレーを熱望していた
サッカー日本代表 本田圭佑がセリエAの名門ACミランに入団
サッスオーロ戦で早々とデビューをはたした。
直後、監督が解任されるなど低迷するチームのカンフル剤として
エース番号10とともに大きな期待とプレッシャーも背負った。
本田圭佑の風刺漫画
少年リトルが作文に書いた
夢に見た怪獣が現実化し聖地に出現
背中に十字架を背負ったような姿に
信者の中には救世主と崇める者もでた。
背中の十字の突起は体を大きく見せるだけでなく
アンテナとして歓声を捕らえパワーを生み出すが
一方で思い通りに動けないと
処理しきれず溜まったエネルギーは負荷に転じ
その重みで押し潰されるリスクを併せ持つ。


  ユメミラノスは妄想による架空の怪獣であり
  実在する個人、団体とは関係がありません

にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

プライドン  エリート怪獣 決戦前の逃走劇

プライドン逃走の時代背景
自らサインを入れるほどの力の入れようで導入した統一球が
秘かに反発力の強い物に変更されていた問題で選手会から
解任要求が出されていた加藤良三日本プロ野球コミッショナーが
第三者委員会の結論を待たずに辞任することを発表
日本シリーズ前のタイミングに加え
後任も決まらぬままという混乱の辞任劇となった。
加藤良三の風刺漫画
球場の飾りとして持ち込まれた置き物には
本場米国での研磨の過程で想念が宿っていた。
やがて自我に目覚め自由に動ける体を求めて
悪魔のボールにサインをし怪獣となった。
しかし元来置き物で、動きは愚鈍さが際立ち
ボールが秘かに変異増殖し空を飛び交い
自身に刃を向け始めても
なす術無く集中攻撃を浴びた。
最後は残されたプライドを振り絞り
人々が頂上決戦に気を取られている隙を狙って
逃げ出すのが関の山だった。


 プライドンは妄想による架空の怪獣であり
  実在する個人、団体とは関係がありません。
にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タメイキバッカー ため息でガットぶち切れマナー星人

タメイキバッカー絶叫の時代背景
ミスした時に観客が発するため息に対しエネルギーが吸い取られる気がするとして
日本人の観戦マナー改善の要望をブログなどで表明していたクルム伊達公子
9月24日の東レ・パンパシフィックテニス2回戦において
一向に変わらない「あ〜〜」という観客のため息についにぶち切れ
「ため息ばっかり」「shut up!] とコートで絶叫し不満を示した。
伊達公子の風刺漫画
日本社会の重苦しい気質に苦しむマナー星人が
戦い易い環境を整えようと
試合会場に送り込んだ半外来生命体
しかし大量のため息を吸ってエネルギーを消耗
人間の姿を維持できず
絶叫とともに怪獣に変身した。
今のところ正義の使者なのか
悪なのかは判明しておらず
観客はまさに息を詰めるようにして
反応を探るピリピリムードが続いている。


  タメイキバッカーは妄想による架空の怪獣であり
  実在する個人、団体とは関係がありません。

にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村

シンキロック  大記録なのに盛り上がり控えめ?武骨な岩石獣 

シンキロック爆進の時代背景
8月16日 楽天 田中将大投手はプロ野球記録の開幕連勝を17に更新
昨年8月からの連勝を21とし連勝記録を56年ぶりに塗り替えた。
記録は双方現在も更新中
田中将大の風刺漫画
未踏の連勝街道を突き進む剛腕の怪獣
ただ、圧倒的な破壊力にもかかわらず
都から離れているせいなのか騒ぎは意外なほど限定的
岩石のゴツゴツした風貌より、人目を引くヨメの
エネルギー補給操作に関心を寄せる向きすらある。
野球怪獣界の王争いはすでに空中戦であることを
示す現象の一つであると見られている。


  シンキロックは妄想による架空の岩石獣であり
  実在する個人、団体とは関係がありません。
にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村

ウンデター  ママとなった氷上の恋愛怪獣

ウンデター出産の時代背景
フィギュアスケーター安藤美姫が秘かに出産していたことを
テレ朝、報道ステーションのインタビューで公表した。
父親の名を伏せたことで様々な憶測を呼んだが
それに増して全く気付かれなかったことに驚いた人も多かった。
フィギュアスケート安藤美姫、浅田真央の風刺漫画
氷上の妖精族の姫であり戦士
愛をエネルギー源とするため調子に波があり
活躍するも、その奔放さと不安定さから
期待と信頼を低いものとしていた。
最後の聖戦を前に母となった姿でリンクへ降臨
大量のフラッシュを浴びて怪獣化した。
主役の奪回には成功したが
子供を抱いたまま戦えるかは未知数


   ウンデターは妄想による架空の妖精であり
   実在する個人、団体とは関係がありません


にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村

アベック  人気興行師の仕掛けた怪獣ユニット

アベック興行の時代背景
松井秀喜選手の現役引退を機に安倍内閣は
師である長島茂雄読売巨人軍終身名誉監督と共に
国民栄誉賞を贈ることを決定
授与式では首相自ら東京ドームに出向き注目を集めた。
松井秀喜、長嶋茂雄の風刺漫画
東京、NY、二都を荒らしまくった怪獣と
蘇った伝説の巨人のユニット
派手な出し物で盛況の続く興行師Mr.96が
金持ち優先の営業だとの世間の批判をかわし
庶民の支持を得ようと仕掛けた。



 アベックは妄想による架空の怪獣ユニットであり
 実在する個人、団体とは関係がありません。
にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村

デスゴーラ  ジンクスが生んだ死神伝説

デスゴーラ出現の時代背景
ジュビロ磐田のFW前田遼一選手がシーズン初ゴールを決めた相手が
6年続けてJ 2降格 特に2012シーズン、優勝候補と見られたガンバ大阪が
まさかのJ2降格でそのジンクスが「デスゴール伝説」として話題に
2013シーズン開幕から注目の的となる。
前田遼一の風刺漫画
アシ族の神話に出てくる
一撃で村を沈めるという伝説の怪獣
春先から村を次々と襲い、攻撃を防げなかった最初の村は
やがて土地が枯れ、谷底への移転を余儀なくされたと言う。
手はないが、強力な頭部と脚力を持つ
ネット状の迷彩柄の体表は敵に見つかりにくくするため
進化したものと思われる。


  デスゴーラは妄想による架空の怪獣であり
  実在する個人、団体とは一切関係がありません。
にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村

ゴリンゴ  五輪後巨大化した獣人

ゴリンゴ誕生の時代背景
ロンドン五輪で日本選手活躍の中、蚊帳の外に置かれたお家芸柔道
男子は金メダルゼロの大惨敗の有様。
そこで唯一の光が女子57キロ級の松本薫選手。
でも、金メダルより試合前の闘争心むき出しの表情が話題をさらった。
松本薫の風刺漫画
元はロンドン五輪に送り込まれた柔道選手
孤軍奮闘で金メダルを獲得するが
その後、メディア環境の異変により
覚醒した闘争本能を制御できず
獣人として巨大化した。
出現した銀座ではカメラの集中砲火を浴びるも
柔道界では自らの攻撃への盾となったことで
守護神として崇められている。
必殺技は、かめはめ波


  ゴリンゴは妄想による架空の獣人であり
  実在する個人、団体とは関係ありません。
にほんブログ村 政治ブログ 社会風刺へ
にほんブログ村
プロフィール

中川雅之  

Author:中川雅之  
本サイトは こちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR